面接でのコミニケーション能力

コミニケーション能力について自分自身がどのレベルにあるのか把握しておくことが非常に重要なポイントです。

IT業界においてはスキルにかけている人材は非常に多いのがあたり前です。

しかしながら組織として日常として伸びているIT企業に関してはマネジメント能力やコミニケーションにたけている人材もそろえていることがポイントになっています。

ですから自分自身のITスキルをPRするだけではなくコンビニ系ション能力やマネジメント能力を合わせてPRしたほうが結果的にはプラスにつながることの方が多いと思われます。

ライバルとならんださいに、スキルそのものはその場では面接官が理解しきれないところもあるかもしれません。しかしながら、それ以外のヒューマンスキル、ようするにコミュニケーション能力、マネジメント能力などは明らかにわかります。なんといっても相手はプロですから。

ですから、自分自身のヒューマンスキルがどのレベルか把握しておくこともポイントになります。

スタートアップ企業の面接では即戦力になる実績をアピールしたい

IT業界というのは新しく参入してくる企業がどんどん増えやすい業界で、スタートアップ企業のような企業が多く存在しています。

そういったところは事業を始めたばかりだとしても、割とすぐに利益を確保したいという思惑があることから、新卒でも転職でも即戦力的な人材を求める傾向にあるのです。

IT業界の大企業というのはすでに戦力になる社員が大勢いますし、彼らがきちんと利益を出してくれているので、これから伸びていくだろう人たちを育てていく余裕があります。

しかし、スタートアップ企業のような場合には社員数も少ないですし、いる人たちでなんとかやっていかないといけない、そしてすぐにでも一定の利益が欲しいと考える傾向にあるので、どうしても即戦力に近い、すぐにでも活躍できる人たちが欲しいと思っている可能性があるのです。

したがって、IT業界の中でもそういった企業を受けるときには面接において自分がそういう存在であることをアピールできる実績を提示すると良いでしょう。

これは自己PRなどの中で話しても良いと思いますが、自分が特定の分野や仕事においてすぐにでも戦力になれるということをアピールできる実績を提示していくことで、スタートアップ企業では採用可能性が上がると思います。

実績のようなものは大企業の面接でも同様に必要ですが、そういった企業ではこれから伸びそうな潜在的な力をアピールできればいいのに対して、スタートアップ企業では今すぐに使えそうな力をアピールしないといけないので、その違いを認識したうえで、新卒や転職のIT業界の面接の対策をしていきましょう。

IT業界の面接で見られている意外なところ

IT業界というと、コンピュータに詳しいとか、プログラムが得意といったところを見られていると思われがちですが、面接官はそういう専門性の部分ばかり見ているわけではありません。むしろそれ以外の方が重要と考えています。

・人間性
何より優先されるのは、その人の人間性です。誠実な人かどうか、苦しい時に頑張れるか、困っている人を助けられる人か、そういったところを見られています。
・体力

筋力や持久力ももちろんそうですが、仕事をするのに必要な体力、一日を通して働けるか、二日目になっても大丈夫か、過酷な状況に陥ることも多い業界ですので、精神的な面も含めて体力面は重視されます。

・コミュニケーション力
コンピュータが得意な人には、人と関わるのが嫌でコンピュータに逃げ込んでいるタイプの人もたくさんいます。仕事というのはコンピュータへの入力よりも、人とコミュニケーションを取って協力し合ってする方が実は多いので、コミュニケーション力は重視されます。

単純に面接で話した内容よりも、何気ない仕草や意味のわからない質問にも上記を見抜くためのものばかりですので、普段から嘘偽りなく誠実で人を大切にする人であるよう努める事が、IT業界へ入る近道なのです。

IT業界での面接だってマナーがない人は落とします

IT業界での面接において、面接をする側の立場から言わせてもらえば、「IT知識があるからって、社会的常識がなくてもいいってわけじゃないんだぞー!」ということですね。

たとえば、電話の応対にしてもそうですし、メールの書き方、それに社会人としての一般的なマナーが身についていないような人は、よっぽど技術が高くなければ採用しないことでしょう。いや、私ならば採用しません。

面接試験を受けに来る人の年齢にもよりますけれど、30代40代の中途採用枠で採用試験を受けにきて、そして社会人としての一般的マナーが身についていない人ならば「危険」ぐらいのなものですよ。

たとえIT知識及びスキルがあったとしても、IT関連会社ですからね。たった一人で仕事をしていけるわけではないので、周囲の人と常識的なやりとりができないようでは、会社としても困るわけです。

ですからこそ、IT業界での面接試験においても最初の応募の際の電話ないしメールの内容、それに面接試験においての応対なども見るわけです。もしかするとITスキルよりもこちらを重視していると言えるかもしれませんね。

IT関連会社の面接では「どのぐらい仕事に時間を割けるのか」が考慮される?

IT業界に就職する際の面接試験で聞かれたことはと言えば、要約すると「どのぐらい会社にいられるのかどうか?」ということでしょう。ストレートに「連続勤務平気?急なトラブルにすぐに対応できる?」と、聞かれたわけではないのですが、遠回しにはそのようなことを聞かれましたね。

履歴書に書いてあることではあるのですが、既婚者かどうかということも重要視されるところだと思います。家庭がある女性ですと、やはり急な不具合の対応は難しいとIT関連会社側に思われることでしょうから。また、私も自分が面接する立場でしたら、そのように思いますからね。

そして「子育て中のママ」ですと、やっぱり厳しいかなーとは思います。たとえIT関連会社に採用されたとしても、事務職ではなく技術職採用ですと、家庭を優先しつつIT関連会社にガッツリ勤務するということは不可能なことのように思いますので。

ですから技術を身に付けたくて「今は仕事に全力投球できます!」という人は、そこのところをアピールするといいでしょう。IT関連会社は暇な時は暇なのですが、忙しい時は帰宅できない時もあるほどですから、その際にどのぐらい対応できるのかといったことがIT関連会社の面接において考慮される点だと思いますから。

IT業界での面接では普通にしていればいい?

IT業界での面接について考慮すべきポイントと言われれば、私はまず「実際にIT業界での面接を受けた側の立場」から言いましょう。なにを聞かれたというか求められたのかといえば、やはり「社会人としての常識的な対応」ですね。

私は転職サイトからの応募後に面接試験という流れになりました。そして面接試験は、IT関連会社の応接室(とはいっても同じフロア内に作られた接客コーナー)で行われました。

これまでの経歴を話して、そして以前勤めていた会社を退社した理由ですとか、そういった一般的な質問をされましたね。IT業界特有の質問などはとくになかったように思います。

また、私が勤務していたIT関連会社にしても、突拍子もない質問をぶつけてくることはなかった点にこちらもホッとしたことを覚えています。

ですからIT業界に就職を希望する際の面接試験だからといって、変に構えることもないと思うのですよね。社会人としての常識的な対応を求められると感じますので、「普通にしていればいい」と言いたいですね。

IT業界で面接を受ける際に考慮すべきポイント3点

IT業界で面接を受ける側として考慮すべき点について、3点にまとめました。

1)凝った質問をされる傾向にあるので志望動機・自己分析はしっかりと練る

例えば筆者が過去受けたソフトウェア開発企業での転職面接では、「強みと弱みを3つずつ述べてください」といった質問がありました。これは、事前に準備しておかないと答えることは難しい質問でしょう。

2)未経験で面接を受ける場合:志望動機とそれに加えやる気のアピール

未経験の場合、なぜIT業界を志望するのか、なぜその企業でならなくてはならないのかが明確であることが求められます。

また、企業の教育コストに見合うポテンシャルを持った人材であるかを示せるよう、研修制度に頼り切るのではなく自学する姿勢も見せると良いでしょう。

3)実績は具体的に。見せられる成果があるとなお良い

経験者で、見せられる実績があるならばサイト・サービスのURLやGitHubのリポジトリを示すことができれば面接でのアピールポイントになります。

IT業界の面接では、面接官がパソコンを持っていることが多いため、その場で見てもらうことも不可能ではないでしょう。

IT業界の面接で気を付けるべきポイントとは

新しい仕事を見つける際、近頃気になるのがIT業界ですよね。スマホやAIといった最先端のテクノロジーに憧れ、実際に受けてみようと思う方も多いはずです。そんなIT企業の面接を受けるときに、意識したいポイントをお教えします。まず前提として知っておいていただきたいのは、理系の方が有利だと思われがちですが、実際はそんなことはないということです。業種・職種にもよりますが、文理不問、経歴不問という求人も多いのです。では、なにが採用されるために重要なポイントになるのでしょうか?それは、ずばりコミュニケーション能力です。何を当たり前のことを、とお思いの方も多いと思います。しかし、華やかな印象のあるIT企業といっても、日々進歩するテクノロジーを地道に学んでいく必要が有ります。その際に大事なのが、先輩や上司に自ら教えを乞う姿勢、積極性を持っていることです。また、どこまで理解しているのか、どの部分が分からないのかといった点もうまく説明しなければなりません。IT業界こそ、そういったコミュニケーション能力が重視されるのです。面接では、前向きな姿勢、的確な質問力があるかをコミュニケーションがしっかりとれるかという視点で評価されます。皆さんがIT企業の面接を受ける際には、質問にただ答えるだけでなく、円滑さ、快活さも意識していただけたらと思います。

面接する前に何ができるのかまとめてみる

面接するにあたって、事前に自分には何ができるのかを理解しておく必要があります。

IT業界で働くのであれば、中途採用で面接にのぞむのであれば、今までどんな事をして来たのか、そしてこれからどんなことをしたいのかを自分なり伝えられるようにするといいでしょう。

面接する人にとってこの人は何ができるのかを技術面だけに限らず、人柄などもチェックしています。

IT業界であれば、技術面が特に気になる所ですが、その人がどんな事を考えているのか考え方によって新しい分野に切り開くきっかけにもなります。

自分ができるものを相手に伝えることで会社としても採用してどのように会社に貢献していただけるのかイメージを持ちたいと願っています。

技術面だけでなくアイディアに関しても会社としても考慮したいところと言えます。

IT業界であれば、ただプログラミングだけに限らず、プロジェクトマネージャー系の仕事もあるために自分ができること、したいことは積極的に話す様にしましょう。

 

IT未経験者に対する面接

ここではソフトウェア開発に限らせて記載します。

未経験者を採用する時に見る要素はまずは年齢です。

25歳ぐらいまでが適正です。年配者の場合は未経験であれば30歳ぐらいが限度です。

あとは、開発者といえど、1人でなくチームで作業するので、協調性やコミュニケ―ションもどれだけ出来るか見ておく必要があります。

もう一つ重要なので、意欲です。なぜ未経験でこの業界に入ろうとしたかです。将来的にこのようなシステムを開発したいという夢がある人であれば理想的です。しかし、このような人はなかなかいないのが現実です。プログラミング言語をして見て面白かったからとはいう理由では△でしょう。

例えば、今営業をしていて人と接するのが、苦手だから向いていなく、システム開発等の仕事をしたいという志望動機であれば、採用を考えた方が良いでしょう。

あとは、システム開発が出来る潜在能力があるかどうかです。これも面接だけでは難しいので、プログラム適性検査等をするのが望ましいです。