IT業界の面接で見られている意外なところ

IT業界というと、コンピュータに詳しいとか、プログラムが得意といったところを見られていると思われがちですが、面接官はそういう専門性の部分ばかり見ているわけではありません。むしろそれ以外の方が重要と考えています。

・人間性
何より優先されるのは、その人の人間性です。誠実な人かどうか、苦しい時に頑張れるか、困っている人を助けられる人か、そういったところを見られています。
・体力

筋力や持久力ももちろんそうですが、仕事をするのに必要な体力、一日を通して働けるか、二日目になっても大丈夫か、過酷な状況に陥ることも多い業界ですので、精神的な面も含めて体力面は重視されます。

・コミュニケーション力
コンピュータが得意な人には、人と関わるのが嫌でコンピュータに逃げ込んでいるタイプの人もたくさんいます。仕事というのはコンピュータへの入力よりも、人とコミュニケーションを取って協力し合ってする方が実は多いので、コミュニケーション力は重視されます。

単純に面接で話した内容よりも、何気ない仕草や意味のわからない質問にも上記を見抜くためのものばかりですので、普段から嘘偽りなく誠実で人を大切にする人であるよう努める事が、IT業界へ入る近道なのです。