スタートアップ企業の面接では即戦力になる実績をアピールしたい

IT業界というのは新しく参入してくる企業がどんどん増えやすい業界で、スタートアップ企業のような企業が多く存在しています。

そういったところは事業を始めたばかりだとしても、割とすぐに利益を確保したいという思惑があることから、新卒でも転職でも即戦力的な人材を求める傾向にあるのです。

IT業界の大企業というのはすでに戦力になる社員が大勢いますし、彼らがきちんと利益を出してくれているので、これから伸びていくだろう人たちを育てていく余裕があります。

しかし、スタートアップ企業のような場合には社員数も少ないですし、いる人たちでなんとかやっていかないといけない、そしてすぐにでも一定の利益が欲しいと考える傾向にあるので、どうしても即戦力に近い、すぐにでも活躍できる人たちが欲しいと思っている可能性があるのです。

したがって、IT業界の中でもそういった企業を受けるときには面接において自分がそういう存在であることをアピールできる実績を提示すると良いでしょう。

これは自己PRなどの中で話しても良いと思いますが、自分が特定の分野や仕事においてすぐにでも戦力になれるということをアピールできる実績を提示していくことで、スタートアップ企業では採用可能性が上がると思います。

実績のようなものは大企業の面接でも同様に必要ですが、そういった企業ではこれから伸びそうな潜在的な力をアピールできればいいのに対して、スタートアップ企業では今すぐに使えそうな力をアピールしないといけないので、その違いを認識したうえで、新卒や転職のIT業界の面接の対策をしていきましょう。