IT未経験者に対する面接

ここではソフトウェア開発に限らせて記載します。

未経験者を採用する時に見る要素はまずは年齢です。

25歳ぐらいまでが適正です。年配者の場合は未経験であれば30歳ぐらいが限度です。

あとは、開発者といえど、1人でなくチームで作業するので、協調性やコミュニケ―ションもどれだけ出来るか見ておく必要があります。

もう一つ重要なので、意欲です。なぜ未経験でこの業界に入ろうとしたかです。将来的にこのようなシステムを開発したいという夢がある人であれば理想的です。しかし、このような人はなかなかいないのが現実です。プログラミング言語をして見て面白かったからとはいう理由では△でしょう。

例えば、今営業をしていて人と接するのが、苦手だから向いていなく、システム開発等の仕事をしたいという志望動機であれば、採用を考えた方が良いでしょう。

あとは、システム開発が出来る潜在能力があるかどうかです。これも面接だけでは難しいので、プログラム適性検査等をするのが望ましいです。