ITの面接では技術力を証明することが重要

IT業界は他の業界と大きく違う点は、技術力が重要で、実力社会であることです。他の業界ではとにかくコミュニケーション能力という言葉がささやかれています。しかし、この言葉は、証明するに足る具体的なことは何もありません。つまり、その人の口の上手さだけが評価されることになりますので、実力はあまり関係ないのです。ところが、IT業界では何ができるかということが最重要です。経験者ならば、どのような開発をしてきて、どのような技術に詳しいのかということを評価されます。これは、経験がなければ口先だけでは伝えることができませんので、IT業界での面接は他の業界の面接とは違いフェアに評価されると言うことができます。ここで、IT企業に長く勤めてきても、企業が求めている技術すべてについて精通していることはあまりないかもしれません。その場合は、技術者として日々色々な知識を身に付けるために勉強していることを伝えるといいでしょう。