職務経歴書と実態の合致

IT企業の面接を受ける前には必ず職務経歴書を提出しているはずです。この職務経歴書によって面談は事前に確認された上で行われます。ですから、自分自身の職務経歴書を記載する際にどれだけ実態に合った記載をしているかは非常に大きなポイントです。自分自身を過小評価をすることもマイナスですが虚偽の記載を行って実際の面談でばれてしまえば、間違いなく不採用になってしまいます。

職務経歴書の書き方としては必ず具体的な自分自身が参画したプロジェクトや実際に取得した資格、得意な言語やプログラミング分野などを明確に記載しておくことが重要です。ここを曖昧に書いておくと面談の際に面接官とうまくコミニケーションが取れないことになり、結果的に自分自身がマイナスになってしまいます。

新卒の履歴書とは違い、IT企業にキャリア採用を目指す場合にはもちろんのことながら即戦力として職務経歴書の内容はポイントであることを心得ておくべきです。