現状のスキルとビジョン

IT企業の採用面接を受けるにあたってまず自分自身で確認しておかないといけないのはどのような業界でどのようなスキルがありどのような資格を持っているかということを簡単に説明できることです。

面接官は企業にとってどのようなメリットもたらしてくれる人材かどうかを1番に確認することになります。そして、スキルだけではなくビジネスマンとしての素養も確認することになりますので現状の自分がどのようなコミニュケーションスキルやマネジメントスキルを持っているかということもきちんと把握しておかなければなりません。その上で、自分自身がプレイヤーとしてのスキルアップを望むのかそれともマネジメント層としてのスキルアップを望むのかを明確にした上で面談を受けるべきだと思います。

いずれにしても、自分自身が進む道も含めて明確にビジョンを持っておかなければ面談をしたときに質問されて海外に苦慮することになってしまうと思います。